March 02, 2019

wind_cloud

高気圧の張り出しにより、冬型から高気圧の勢力圏内に移行していった。13時の時点ではコンバージェンスが形成されていたが、14時以降は風がおさまっていた。
平地4,000ft、山側で8,000ft、筑波で5,000ft前後という傾向や、板倉から中禅寺湖に伸びるコンバージェンスがほぼ正確に予測されている。

板倉の気象コメントは
当日の気象の予想では、妻沼方面は北西の風が吹き抜け
板倉〜栃木周辺はコンバージェンスなどの条件が予測されましたが、
結果、朝方は板倉周辺でコンバーシェンスの発生の報告がありましたが、
それ以降は通常のサーマル条件で、日射の当たる斜面でのサイクルの短い
サーマルを根気強く捕まえることがポイントであるとの事でした。

height

SPAS_COLOR_201903020300

↑このページのトップヘ