May 30, 2019

那須〜男体山にかけて4m/s程度の南東風が吹き付け、南東斜面でリッジおよびコンバージェンスが予想されていた。サーマルトップの高い領域はsurface heatingよりもコンバージェンスとの相関が強い。

男体山〜氏家が約40kmなので、風下になることを考えるとエンジン無しのスタンダード機で同じことをするのはマージンが少なすぎか。


0530
 

関東地方は弱い南風で、東関東と南関東ではそれぞれ湿った海風の影響があった。
海風の影響がないエリアでは、早朝に筑波から八溝山地に沿って白河まで北上、その後那須、高原山、中禅寺湖を経て関東平野に戻る450kmのフライトがあった。トップ高度は
 筑波〜八溝(午前中): 6,000ft
 白河: 7,500ft
 那須〜中禅寺湖: 8,500ft
 関東平野(16:00以降): 5,500ft
であり、概ね予報と一致している。

一日の予報と比較すると、筑波エリアでサーマルが立ち上がる10:00少し前にフライトを開始、良いエリアをつたって進出してトップが上がる時間帯は関東地方でトップが一番高いエリアを飛び、平野部でサーマルが終わるギリギリで最後のサーマルを拾ってファイナルと、SkySightチュートリアルにあるお手本のようなフライト。

0530h
 

↑このページのトップヘ