September 15, 2019


 

関東地方は鹿島灘から吹き込む東風の影響が支配的な一日で、予報では影響を受けやすい東側(真壁)はサーマルトップが低く、東風の侵入に伴ってトップの低いエリアが東から徐々に広がるとの予想。
板倉付近は東風流入前の12:00頃は3,500ft、東風が流入しだす14:00-15:00以降は,2500ftとの予想だった。
実際にも、筑波は昼の時点で北東風が入っており厳しい状態だった様子。
板倉機は、風の弱い(風によるサーマルドリフトが殆どない)12:00頃は4,000ft近くまで上がっているが、13:00頃から南西へのドリフトが目立つ(北東風の流入)ようになり、それ以降2,500ft-3,000ftにトップが落ちている。
アメダス風向風速では、ちょうど板倉付近が北東風の前面にあたっており、侵入のタイミングは読み取りづらいが、予報よりもやや早く風が侵入してきた模様。

0915_thermal_height

wt

 

↑このページのトップヘ