December 15, 2019

西から張り出す高気圧の前面。気圧配置は弱い冬型だが、寒気が抜け切っておりサーマルはほとんど発生せず、妻沼よりも西に北西風によるコンバージェンスが発生する予報だった。

実際には妻沼は強風域で、コンバージェンスは予報よりも東よりに発生していた模様。
板倉の西側で弱いプラス帯があったが、ほとんど上がらなかった。

SkySightでもコンバージェンス中心の上昇風は非常に弱く、上限も3,000ft程度と、実際と矛盾しない予報だった。



wc

c

↑このページのトップヘ