カテゴリ: Summary

February 2020
Date Predicted Top
th: thermal
cv:convergence
Actual Top Remarks
Feb 29, 2020 2,500ft 4,000ft Cu
Feb 24, 2020 3,500ft over plain
6,500ft over mountain
3,800ft over plain
8,500ft over mountain
Feb 23, 2020 7,500ft th
10,000ft+ cv
9,000ft
Feb 22, 2020 0ft th
8,000ft cv
cv flight data not available
Feb 11, 2020 3,500ft th
6,000ft cv
6,000ft+ cv wave
Feb 08, 2020 5,500ft th
17,000ft cv
10,000ft+ cv
Feb 02, 2020 3,500ft th
7,000ft cv
7,000ft cv
Feb 01, 2020 3,500ft th
4,500ft cv
5,000ft th
7,000ft cv
wave

January 2020

Date Predicted Top
th: thermal
cv:convergence
Actual Top Remarks
Jan 19, 2020 2,500ft 2,000ft
Jan 13, 2020 5,500ft th
7,000ft cv
5,500ft mountain
poor over plain
Jan 05, 2020 5,500ft 5,400ft convergence
Jan 04, 2020 - - wave

December 2019
Date Predicted Top
th: thermal
cv:convergence
Actual Top Remarks
Dec 28, 2019 4,500ft thermal
7,000ft convergence
4,200ft thermal
8,000ft convergence
convergence
Dec 15, 2019 0 - 2,000ft low weak convergence
no flight data
Dec 08, 2019 2,500ft thermal
6,000ft convergence
2,000ft thermal
6,400ft convergence
convergence

September & October & November 2019
Date Predicted Top
th: thermal
cv:convergence
Actual Top Remarks
Nov 30, 2019 5,500ft 5,800ft
Oct 05, 2019 6,500ft mountain
2,500ft over plain
7,000ft mountain
4,800ft over plain

Sep 15, 2019 4,000ft 3,500ft
Sep 07, 2019 4,500ft 4,800ft Cu

August 2019
Date Predicted Top
th: thermal
cv:convergence
Actual Top Remarks
Aug 31, 2019 - 2,700ft Cu
Aug 18, 2019 4,000ft 4,500ft
Aug 17, 2019 6,500ft 5,000ft
Aug 11, 2019 3,500ft 3,000ft Cu
Aug 04, 2019 4,500ft 4,800ft Cu

June&July 2019
Date Predicted Top
th: thermal
cv:convergence
Actual Top Remarks
July 28, 2019 3,500ft 2,300ft
June 17, 2019 6,500ft 6,500ft
June 16, 2019 6,500ft blue region
2,500ft under mid cloud
7,500ft mid cloud overpredicted
June 01, 2019 5,500ft 5,000ft

May 2019
Date Predicted Top
th: thermal
cv:convergence
Actual Top Remarks
May 30, 2019 8,500ft 8,800ft
May 26, 2019 3,500ft 2,800ft blue
May 25, 2019 4,500ft 4,500ft blue
May 19, 2019 5,500ft 5,800ft overdevelop
May 18, 2019 4,500ft 6,300ft 14:45 above cloud
May 18, 2019 4,500ft 5,000ft 11:30-14:00
May 17, 2019 5,500ft 5,000ft
May 12, 2019 3,500ft 4,000ft
May 11, 2019 8,500ft 5,000ft 17:00 Convergence
May 11, 2019 6,500ft 4,500ft 12:00-16:00
May 08, 2019 5,500ft 5,000ft
May 06, 2019 5,500ft 4,500ft
May 05, 2019 7,500ft 7,000ft
May 04, 2019 6,500ft 6,300ft
May 03, 2019 th: 8,500ft
cv:15,000ft+
12,000ft 15:00-17:00
May 03, 2019 8,500ft 9,500ft 13:00-15:00
May 02, 2019 5,500ft 5,300ft blue, Itakura local

April 2019
Date Predicted Top
th: thermal
cv:convergence
Actual Top Remarks
Apr.29, 2019 5,500 ft 5.800 ft Overdevelop overpredicted
Apr.28, 2019 9,500 ft 10,400 ft
Apr.27, 2019 th : 4,500 ft
cv : 9,000ft
8,800 ft 16:00-17:00
Apr.27, 2019 6,500 ft 5.800 ft 14:00-15:00
Apr.20, 2019 5,500 ft 5,500 ft
Apr.13, 2019 9,500ft 10,500 ft big day !
South Alpls & Yatsugatake
Apr.13, 2019 5,500 ft over plain
6,500ft Tsukuba
7,500 ft
over plain &Tsukuba
big day !
Kanto plain
Apr.12, 2019 6,500 ft 6,500 ft
Apr.09, 2019 7,500 ft 7,800 ft convergence, Cu
climbed 9,000ft after 15:00
Apr.07, 2019 6,500 ft 5,800 ft
Apr.06, 2019 6,500 ft 8,500 ft blue, GFS assimilation ?
Apr.03, 2019 8,500 ft 7,500 ft
Apr.02, 2019 8,500 ft 9,500 ft
Apr.01, 2019 11,500 ft 12,000 ft

March 2019
Date Predicted Top
th: thermal
cv:convergence
Actual Top Remarks
Mar.31, 2019 8,500 ft 9,800 ft arrival of the convergence delayed
possibly GFS error
Mar.24, 2019 7,400 ft 8,500 ft convergence under the influence of wave
Mar.20, 2019 3,500 ft 4,200 ft TSUKUBA local
Mar.18, 2019 5,000 ft 5,000 ft TSUKUBA local
Mar.15, 2019 5,000 ft - flight data not available
Cu formation overpredicted
Mar.14, 2019 7,500 ft 8,000 ft
Mar.13, 2019 8,200 ft 8,000 ft Cu
Mar.12, 2019 6,000 ft 3,300 ft MENUMA local
Mar.9, 2019 5,000 ft - flight data not available
Mar.8, 2019 6,500 ft 7,500 ft Cu
Mar.5, 2019 4,500 ft 4,000 ft Cu
Mar.2, 2019 7,800 ft 8,800 ft blue

February 2019
Date Predicted Top
th: thermal
cv:convergence
Actual Top Remarks
Feb.24, 2019 4,000 ft 3,500 ft blue
Feb.23, 2019 6,000 ft 9,500 ft Cu, convergence over mountain
Feb.23, 2019 7,600 ft 8,000 ft Cu, perfect agreement 
for convergence location over the plain
 
Feb.17, 2019 6,800 ft 8,500 ft blue
Feb.16, 2019 6,500 ft 6,500 ft Cu
Feb.10, 2019 6,000 ft 8,000 ft Cu, See comment
Feb. 2, 2019 5,200 ft 6,000 ft blue

January 2019
Date Predicted Top
th: thermal
cv:convergence
Actual Top Remarks
Jan.27, 2019 5,500 ft 7,000 ft
Jan.26, 2019 7,500 ft 9,000 ft Cu, overdevelop

Green : good agreement
Red    :  poor agreement 
Blue   : convergence effect ?

全般傾向
前半は冬型気圧配置の日もあったが、後半は関東地方が弱風になり東寄りの湿った海風の影響を受ける日が多く、東風により
  • 前面に幅広く積雲が発生
  • 条件によっては積雲が発達過剰になり、積乱雲になったことも
  • 完全に東風で覆われると条件がしぼむ
という影響がでていた。
一方、東風が侵入しない日や東風の影響エリアよりも西側では、穏やかな風の中で高いトップ高度が得られ、長距離XCフライトが多数出た日もあった

サーマル
  • 予測と実際の一致は良好
  • トップが9,000ftを超える強いコンバージェンスの効果はSkySight Thermal top予報には反映されないので、Wave X-sectionで最高高度を見る
  • 風の弱い日は地表植生の影響が強く見られる。SkySightはBlipmapよりも粗い(平均化した)地表植生データを使っていると思われる
ウェーブ
  • 男体山、那須のウェーブ下限は正しく予測でいていた(5/2)

【概要】
傾向がはっきりしてきた。
  • サーマルトップ高度の予測は概ね良好
    • 12日中9日で、予測高度と実際の最高高度の差が±1000ft以内
  • 予測が2,000ft以上ずれたのは3日
    • 強いコンバージェンスでthermal heightが低く出ることがある(2日)
    • 残り1日は、ベースとなるGFSのずれで説明がつく
  • そもそも、コンバージェンスでの高度はthermal heightでなくWave X-sectionで見る仕様なのかもしれない

【コンバージェンスでの高度予測】
4/29はコンバージェンスでの最高高度が予測thermal heightよりも2,000ft以上高くなった。
  • 地上気温が下がってthermal heightが下がり始めてから、最高高度を記録を記録した
  • コンバージェンスが予測されているエリアのthermal heightが周囲よりも高くなっていない
  • vertical velocity (Wave X-section)から予測される上昇限度が、実際の最高高度と一致する
ことから、SkySIghtの thermal heightパラメータには、コンバージェンス自身が作り出す鉛直方向速度成分の効果が反映されていないように見える。
「thermal topにはコンバージェンス自身の上昇速度成分の効果が反映されないので、強いコンバージェンスでの上昇限度はWave X-sectionで判断する」
という仮説は今後検証したい。

全般
・1-2月に見られたような、コンバージェンスで予想トップ高度が低くなる日はなく、比較的よく合う日が多かった
・ウェーブ位置は、正確だった日と1/2波長ずれた日と半々
・予想が大きくずれた日が3日あったが、うち2日はベースとなるGFSの誤差の影響が大きかった

ウェーブ
3/13    ウェーブインした機体はなかったが、サーマルトップの高低から、SkySightのウェーブ上昇帯位置の予測が1/2波長ずれていたように見える
3/14    ウェーブ領域は正確だったが、SkySightは位置が1/2波長ずれていた。Blipmapの方は正確に予想できていた
3/24    ウェーブの上昇帯を正確に予測できていた

ずれの原因
予測が大きくずれた日は3日(3/12,15,31)。
データからは、以下が影響していると推測できる
3/12    鉛直方向の拡散が影響しているように見える
3/15    ベースとなるGFSの湿域が広かったことが影響して、積雲の発達が過剰に予測されていた
3/31    ベースとなるGFSで、三陸沖の低気圧の張り出しが実際よりも強く、関東付近の等圧線間隔が狭く予測されていた

ここまでの比較結果にもとづく、個人的な印象

サーマルトップ高度
・予想と実際がほぼ一致する日と、予報の方が1,500-2,000ft低い日と二極化
・北西季節風による地形性コンバージェンスの日、トップ9,000ft以上の日は、予報が低めになる傾向
・SkySight開発者は「強い寒気が入る条件では、サーマルモデルが厳密でないので、予測がずれるかも」とのコメント

コンバージェンス
・位置がずれることが多い。
- 2019/2/23のように、非常に良い一致を見せることもある 
・地上やアメダスから実際のコンバージェンス位置を確かめる必要がある
・今のところ下記の傾向があるように見える。さらなる検証が必要 
- 冬型気圧配置・北西季節風での地形性コンバージェンスの日はずれる事が多い
- 南岸低気圧が東に遠ざかる日のコンバージェンスは比較的合う
・日本の大手予報会社が詳細観測データを使っても風向風速分布を完璧に予測することは出来ないのだから、GFSに出来合いのモデルでピタリと合わせろと言う方が無理

ウェーブ
・発生位置はほぼ正確。誤差数km以内
・下限高度や強度については、さらに検証が必要

積雲雲量
・実際よりもやや少な目に予報される
・Blipmapは多めに予想しているが、BlipmapよりはSkySightの方が実際に近い

↑このページのトップヘ